Anarchy Enlists Statik Selektah For His Best EP “My Mind” (EP Review) | アナーキーは、彼の最高のEP「マイマインド」のためにスタティック・セレクタを募集します(EPレビュー)

Anarchy is a 42 year old MC from Kyoto, Japan getting his start in 2006 off his full-length debut Rob the World followed by Dream & Drama and Diggin’ Anarchy respectively. Following his debut mixtape D.G.K.A. (Dirty Ghetto King Anarchy) alongside his next couple LPs New Yankee & The King, it wasn’t until Anarchy’s very first EP Noise Cancel celebrating it’s 2-year anniversary of the summer being the last time we heard from him. But for his 2nd EP, we’re being treated to Statik Selektah producing the whole thing.

アナーキーは日本の京都出身の42歳のMCで、2006年にフルレングスデビューのロブ・ザ・ワールドから始まり、ドリーム&ドラマとディギン・アナーキーがそれぞれスタートしました。彼のデビューミックステープD.G.K.A.に続いて(ダーティ・ゲットー・キング・アナーキー)彼の次のカップルのLP「ニュー・ヤンキー」と「ザ・キング」と並んで、アナーキーの最初のEP「ノイズ・キャンセル」は、夏の2周年を祝うまで、彼からの最後の連絡がありました。しかし、彼の2枚目のEPでは、スタティック・セレクタが全体を制作しています。

“Light Up” sets the tone of what’s to come by weaving a rock-inspired boom bap instrumental into the fold so Anarchy can kick some flows in Japanese rockin’ it with Statik once more from start to finish whereas “Reach featuring C.O.S.A. finds the 2 over a cloudy backdrop with kicks & snares talking about the city of dreams. “Brooklyn” pushes near the end of the EP keeps it dusty with a heavenly sample flip paying homage to the titular city in Kings County, New York & “Pass the Mic” ending My Mind on a warm boom bap note encouraging to have the microphone given to him.

「ライトアップ」は、ロックにインスパイアされたブームバップインストゥルメンタルを折り目に織り込むことで、来るべきもののトーンを設定します。アナーキーは、最初から最後までスタティックで日本のロックのいくつかの流れを蹴ることができますが、「C.O.S.A.をフィーチャーしたリーチは、夢の街について話しているキックとスネアで曇った背景の上に2を見つけます。「ブルックリン」は、ニューヨーク州キングス郡の名目上の都市に敬意を表する天国のサンプルフリップでほこりを払い、「マイクを渡す」は、彼にマイクを与えることを奨励する暖かいブームバップノートで私の心を終わらせます。

Although Nujabes & the Teriyaki Boyz have always stood as my favorite acts within the Japanese hip hop scene throughout my life, Anarchy’s been putting it down for nearly 2 decades & this new EP with Statik Selektah has to be one of the best I’ve heard this year. Statik’s boom bap production matched with Anarchy’s improved performances compared to Noise Cancel makes a great introduction to anyone who hasn’t heard of him in America.

しかしヌジャベスと照り焼きボーイズは、私の人生を通して日本のヒップホップシーンの中で私のお気に入りの行為として常に立ってきました、アナーキーは20年近くそれを置いてきました&スタティック・セレクタとこの新しいEPは、私が今年聞いた中で最高のものの1つでなければなりません。スタティックのブームバッププロダクションは、ノイズキャンセリングと比較してアナーキーの改善されたパフォーマンスと一致し、アメリカで彼のことを聞いたことのない人に素晴らしい紹介になります。

Score: 8/10

スコア: 8/10

Subscribe To Our Weekly NewsletterStay Updated With Exclusive Content, News, & Events Straight To Your Inbox!

Legends Will Never Die

Just a 26 year old guy from Detroit, Michigan who passionately loves hip hop culture & music as a whole

Related Articles